カテゴリー別アーカイブ: 新商品

TOMIX9165 EF65-1124号機 トワイライト色

TOMIX-9165

TOMIX 9165 EF65-1124号機 トワイライト色

 

 

 

EF65形は1969(S44)年に登場し、客車も貨車もけん引のできる汎用性に優れた機関車として登場しました。
1124号機は2015年11月に特別なトワイライトエクスプレスのけん引のため、トワイライト色へと変更され登場しました。

●EF65-1124形のトワイライトエクスプレス色になった姿を再現
●台車は黒色で再現
●屋根上モニターはグレー
●Hゴムは黒で再現
●ナンバープレートは別パーツ付属(EF65-1124)
●印刷済みヘッドマーク付属(トワイライトエクスプレス)
●JRマークは印刷済み
●前面手すりを別パーツにて再現
●解放テコを別パーツにて再現(取付済み)
●一体プレート輪心車輪採用
●ヘッドライトはLED基板採用
●フライホイール付動力搭載
●黒台車枠、銀色車輪採用
●TNカプラー付属
●ミニカーブ走行可能

マイクロエース A6435 キハ54 しまんトロッコ号

A6435

キハ54は1986(昭和61)年度に登場した2エンジン搭載の両運転台一般型気動車です。
耐久性を重視して軽量ステンレス車体が採用されたのが特徴で、暖地向けの0番台と寒地向けの500番台が登場し、このうち四国には0番台が12両投入されました。
0番台は客用窓の二段サッシ、ロングシートの室内などが特徴で、ドアエンジン、冷房装置などのバス用部品や、台車、変速機、ブレーキ装置には廃車発生品が活用されてコストダウンが図られており、他の国鉄型気動車との連結も可能です。
投入当初はオレンジ色の帯を側面中央に斜めに配した姿でしたが、瀬戸大橋線開業に前後して全車とも水色帯のJR四国色に変更されました。
また、1990年代半ばまでには台車のグレー塗装化が行われました。
予土線では国鉄末期の1984(昭和59)年から観光トロッコ列車が運転されており、トラ45000形を改造したトロッコ車両が人気を博しています。
主にエンジン出力の高いキハ54が牽引役に抜擢され、終端駅では折り返しのために機回しを行うユニークな運用で知られています。

マイクロエース A0411 103系 西日本更新車 大阪環状線・オレンジ

ACE0411

 

 

・更新工事により雨樋や窓周りの構造が刷新された車体をリアルに再現。

・2002年9月及び2005年2月発売の103系西日本更新車を元に、高運転台のクハ103が連結された大阪環状線用103系(モリ28番編成)を製品化。 ・JRマーク、ナンバー、ATS表記、エンド表記、所属表記、「弱冷車」サボ等各種印刷済み。

・サハ103-404に「女性専用車」マークを印刷。 ・クハ103のジャンパー栓受けを別部品で再現。 ・方向幕の縁取りの有無が車輌によって異なる点(サハ103-404,409のみ縁取り有)を実車に則し  て再現。

・車内に吊り革を別部品にて取り付け済み。 ・全車の床下機器に表記を印刷。 ・黒染め車輪を採用。

・ヘッドライト、テールライト点灯。ON-OFFスイッチ付き。

TOMIX 98019 JRキハ52(盛岡色・赤鬼)2両セット

TOMIX 98019

IMG_0645

IMG_0646 IMG_0647

●ハイグレード(HG)仕様
●盛岡車両センターに所属した、キハ52-100形更新車を再現
●車体更新されて前面上部が赤く塗装された姿を再現
●側面の客窓が一段になった姿を再現
●前面貫通扉と乗降扉のガラスが金押えになった姿を再現
●機関更新されて車体側面の給水口が無くなった姿を再現
●DMF13HZエンジンの床下を新規製作で再現
●タイフォン別パーツにより「スリット」もしくは「蓋付」選択可能
●衛星電話アンテナ付属
●JRマークは印刷済み
●車番は選択式で転写シート付属
●ヘッドライトは電球色LEDによる点灯、常点灯基板装備、ON/OFFスイッチ付
●フライホイール付動力搭載
●新集電システム、黒色車輪採用
●TNカプラー(SP)標準装備

TOMIX 2786 コキ104(海上コンテナ付き)

TOMIX 2786

img_0548 img_0544

貨車は好評発売中のコキ104の仕様違いで、Mマークを表現
車番「コキ104-776」印刷済、JRFロゴ印刷済
コンテナは「ザ・トレーラーコレクション」の海上コンテナ「K-LINE」の番号違いを搭載

マイクロエースA0753 南海50000系ラピート ハッピーライナー6両セット

マイクロエースA0753

img_0527 img_0529

img_0534 img_0532

img_0533 img_0535

1994(平成6)年9月の関西国際空港が開業に際して、空港アクセス用に誕生したのが南海50000系です。
「ダンディ&エレガンス」を車両全体のデザインコンセプトとして、航空機をイメージさせる3次元曲面の球体に
似た前面形状や、楕円形の側面窓、マイカ調ブルーの車体塗装など、それまでの鉄道車両の常識を覆すデ
ザインで登場して大きな話題になりました。VVVFインバータ制御を採用し、なんば~関西空港間を最短29分
で結ぶ性能を持っています。 6両編成6本が登場以来難波-関西空港間の特急「ラピート」に使用されています。 2014(平成26)年9月より、関西空港を拠点に就航している航空会社「Peach Aviation」とのタイアップ企画とし
て、同社が保有している航空機と同様のデザインに装いを一新した「Peach×ラピート
ハッピーライナー」が
登場し、大きな話題になりました。

マイクロエースA9851 キロ59、キロ29エレガンスアッキー 新塗装

マイクロ A9851

img_0507 img_0508

img_0509 img_0511

img_0514 img_0515

・JR時代を製品化 ・キロ59はパノラミックウィンドゥ、キロ29は平窓です

・車内の座席を再現 ・クーラー撤去部にフタを取付 ・前面愛称表示器点灯1980年代当時、余剰となっていたキハ58系を生かし、全国各地で気動車ジョイフルトレインが登場しました。
国鉄末期の1984(昭和59)年に秋田局に導入されたお座敷気動車が好評なことから、洋風の内装を持つジョイフルトレインの改造が行われました。外見上では運転台寄りの客用扉が埋められて小窓が設置されました。
外板塗装はクリーム色をベースに濃淡赤(朱色)の3色の帯を大胆に配したデザインが採用されています。愛
称は当時の秋田局のマスコットキャラクターにちなみ「エレガンス・アッキー」と名づけられました。国鉄民営化
後も和風の「おばこ(こまち)」とともに秋田支社の団体・臨時運用に活躍しました。

 

マイクロエースA9857 キロ59 ほのぼのSUN-IN リニューアル2両セット

マイクロエース A9857

img_0488

img_0490

img_0491

・キロ59はパノラミックウィンドゥ、キロ29は平窓です

・ヘッドマーク印刷済 ・床下にトイレタンク取付 ・車内の座イスを再現

・側面窓はサッシから固定窓に改造されたリニューアル後を製品化

・キロ29のタイフォンは暖地型

大阪市交通局 鉄道コレクション 30系谷町線 事業者限定品

大阪市交通局 鉄コレ 谷町線

img_0484 img_0486

img_0485 img_0487

大阪市交通局、事業者限定の鉄道コレクションでございます。

新品商品で未開封でございます。

新品商品ですが、流通でできた擦れなどがある場合がございます。

中身の車両自体は新品でございます。

 

TOMIX 92183 南海電鉄キハ5500 2両セット

TOMIX 92183南海電鉄 キハ5500

南紀方面直通用に南海電鉄が製造した気動車で、和歌山で国鉄の気動車と併結して紀勢本線に乗り入れていました。
1959年登場で併結相手の国鉄キハ55系に準じた設計ですが、キハ5551は運用上、国鉄には無かった両運転台型となり注目されました。
登場時は国鉄のキハ55系、晩年はキハ58系と併結して新宮まで運転されていましたが1985年3月、併結相手の国鉄急行「きのくに」廃止により用途廃止となりました。

img_5695

ハイグレード(HG)仕様

南海電気鉄道に所属していたキハ5501形を再現

キハ5551は車体新規製作

ヘッドライトは2灯式シールドビームで再現

「きのくに」ヘッドマークは台座に印刷した物を付属

ヘッド・テールライトは常点灯装備、ON/OFFスイッチ付

フライホイール付動力搭載

新集電システム、黒色車輪採用

TNカプラー(SP))標準装備

車番は選択式で転写シート付属

KATO 10-1367 HB-E300 リゾートしらかみ「青池編成」

KATO 10-1367 HB-E300 リゾートしらかみ「青池編成」4両セット

img_0317 img_0311

img_0312

「リゾートしらかみ」は、世界遺産に登録された白神山地や青池・千畳敷等の名勝をめぐる五能線経由で、秋田・青森駅間を運行される臨時快速列車です。
平成22年(2010)12月4日ダイヤ改正で東北新幹線新青森開業に際し、新形ハイブリット気動車のHB-E300系が投入されました。新幹線と接続した運用で利用客の利便性を考慮したダイヤが組まれています。
HB-E300系ハイブリット気動車は眺望の良い大形の固定窓に回転式のリクライニングシートや半個室のボックスシート、展望室やイベントスペースを備え、屋根上には冷房装置と並んで、蓄電装置や元空気溜めを搭載する「自然環境」に対応したエコ車両の観光列車です。
KATOは、そのHB-E300系「リゾートしらかみ」(青池編成)の魅力を余すことなく製品化いたします。
濃淡の青色を配した爽やかな塗色、車体・乗務員扉・客扉の銀色の質感の違い、大形窓の解放感のある車体、メカニカルな屋根上のクーラー・ベンチレーター・ホイッスル・アンテナ・蓄電装置・元空気溜め・排気管や床下機器を的確に再現。
ヘッド/テールライト点灯。ヘッドライトの色味の違いを再現。
ガラスの成形色は暗緑。
側面表示は「全車指定/リゾートしらかみ」を印刷済。
リゾート列車ならではの、大形窓と室内を表現。

南武線205系 快速 立川→川崎

CDN205-1
大変ご好評を頂いております走行音CD
立川ー川崎間で運行されております南武線205系の走行音CDでございます。
今回のものはモハ車にて録音いたしました。もとの音源はハイレゾ音源96kHz/24bitにて録音しております。
走行音はもちろんドアの開閉音、車内放送、ノーカットでお楽しみいただけます。
一般のCDプレイヤーで再生していただけるよう変換しております。
消えゆく205系の雄姿をお楽しみいただけます。205系

信越本線 快速らくらくトレイン 新潟→直江津 

CD-02

らくらくトレイン 表紙

新潟ー直江津間で運行されております快速らくらくトレイン信越の走行音CDでございます。

今回のものは2号車デッキにて録音いたしました。もとの音源はハイレゾ音源96kHz/24bitにて録音しております。

走行音はもちろんドアの開閉音、車内放送、ノーカットでお楽しみいただけます。

一般のCDプレイヤーで再生していただけるよう変換しております。

CDは新潟→長岡、長岡→直江津の2枚組でございます。

消えゆく485系の雄姿をお楽しみいただけます。

JR東海キハ40、47、48走行写真集

JR-T DC-1

IMG_4989 (640x427)販売

JR東海、高山線にて運行されておりますキハ40系普通列車の画像集でございます。

平日のみ運転されております6連回送、回721Dも収録しております。

ご家庭にてプリントして楽しまれるのもよし、お店の掲示用にも最適な画像集となっております。

当方の画像は某大手家電量販店の店頭の掲示画像にも採用されております。

実際の商品画像サイズは5184×3456の高画質となっております。

今回は音人の旅日記オープン記念の為送料無料とさせていただいております。

キハの画像を心行くまでお楽しみいただける1枚でございます。